img_02

輸入住宅の特徴について

輸入住宅とは、海外の設計思想による住宅をパッケージにして輸入したものと定義されています。

つまり、内装が海外住宅っぽいものでも、設計が日本のメーカーによるものならば輸入住宅とは言えないわけです。
そしてその特徴としては、機能性の高さやゆったりとした室内空間、木のぬくもりなどが挙げられます。
魅力として挙げられるのは機能性の高さです。
気密性が高く耐震性能が優れていることなどがあります。

話題の日本経済新聞にアクセスしてください。

またデザイン性に優れていることや、開放感のある広めの間取りなども人気となっています。



日本の家屋と比べると断熱性に優れていることや、当初から二重サッシを採用しているなどの性能の高さが注目されていたものです。

しかも工法として、箱型となっていることから地震の揺れに対してかなり耐性が高いこともメリットとなっています。
また、海外における住宅というものは、手入れをしながら何代も住み続けていることも特徴となっています。

そして広い空間を実現できるのは、日本家屋のように柱と梁で家を支えるのではなく、面として壁同士が支えあっているからです。

そして断熱性の高さが、細かく部屋を分けずとも広い室内空間を効率良く空調管理できることになります。

さらに天然の無垢の木材による床などが、長く住むことで風合いを醸し出すことになります。

防火性などにも優れているので、極めて高い耐久性を持つことになります。

このような贅沢な空間とデザイン性の高さ、そして住みやすさが輸入住宅の人気の理由となります。

湖西で輸入住宅をオーダーメイドに関するご質問を解決いたします。