img_02

輸入住宅の魅力について

日本の風土に合うように工夫された輸入住宅は、デザイン性に優れていることから人気があります。

けれどもその大きな魅力は、基本性能の高さにあります。

特に北欧スタイルのものは断熱性が非常に高いことから、寒い地域で建てられることが多いものです。


そして気密性の高さと耐震性能の高さも人気の理由と言えます。



それに加えて木の温もりを感じることができる内装が、住み心地の良さを感じさせます。

島田の輸入住宅情報をピックアップしたサイトです。

無垢の木の床も使い込むほどに風味が出てくるので、長く使用されることを前提とした家であることがわかります。

さらに輸入住宅には北米スタイルのものが多く採用されていますが、こちらは様々な国のものが用意されているので、好みによって好きなものを選ぶことができる点が評価されています。

特にフランスなどの国のデザイン性の高い輸入住宅が好まれる傾向にあります。

All Aboutの詳細情報となります。

海外の家はメンテナンスをしながら長く住み続けることで愛着が湧くような造りとなっていますが、そのような住み方を日本でもできるとあって、多くの人が検討しています。さらに近年では、ログハウスにも注目が集まっています。木で建てられたその雰囲気が住むことの楽しさを与えてくれるわけです。
基本的に輸入住宅は、日本の家屋のように柱や梁を使うのではなく、壁で支える構造となることから、室内を広く確保できます。
その開放感が住み心地の良さを演出することになります。


気密性が高いことからエアコンなどによる冷暖房の光熱費も抑えられるメリットもあります。